彼女とのデートがだるい?だけど別れられない?それなら・・・

date_darui

昔、「彼女とデートするの だるいなぁ~」と感じていたことがあります。

「彼女とデートするのが、だるい」って感じている男性は意外といるみたいですね。

今現在、そのように感じている男性もいらっしゃることでしょう。

それで考えてみたのですが、そもそも、デートがだるい相手とずっとデートを続ける必要ってあるんでしょうか?

結婚して子供がいるとかなら、責任ある立場ですから簡単に別れるわけにもいかないでしょうが、

そういう立場ではないなら、デートがだるいと感じる状態で、交際し続けるのはどうなんでしょう?(^_^;)

「いや、どんな女の子が相手でも、長く付き合っているとダルく感じるものなんじゃないの?」

と考える男性もいるかもしれないですが、個人的にはそうは思いません。

僕自身は、数年付き合っても毎回デートするのが楽しみに思える彼女もいました。

逆に、3回目のデートで、すでにデートに行くのがダルく感じてしまった女性もいました(´Д` )

これはもう、相性問題だからどうしようもないと思ってます。

「あ~。明日は○○とデートか~。だるいな~」

みたいに感じてしまう女性相手だと、長くお付き合いするのは難しいと思います。

なので、そう感じてしまう女性とは相性が合っていないのでしょうから、僕の場合は早い段階で別れてしまいます(・∀・;)

彼女と別れようか迷っているのでは?

たぶん、

「彼女とデートに行くのがダルい」

と感じている人は、彼女と別れようかどうか迷っているのではないでしょうか?

「今の彼女とは、そのうち別れよう」
と考えているのだったら、そのうちとは言わず、早く別れた方が彼女のためでもあるんですよね。

たぶん、それも分かっているはず。

女性は若さが大きな武器なので、そのうち別れるつもりなら、早く決断してあげた方が、彼女さんのためでもあります。

ですけど、ここでいくら僕がキレイ事を言っても、なかなか決断できないとも思いますw

というのは、

「別れて彼女ナシになるのも、寂しい気がする」

「別れて×××できなくなるのはイヤだ」(←本音炸裂w)

という気持ちがあって、別れられないでいるのでしょうし、何よりその気持ち、僕も分かりますw

で、そういった気持ちがあって、「彼女と別れたいけど別れられない」みたいな状態になっている男性は、次の恋人を探し始めるのがいいと思いますよ。

本当は、今付き合っている彼女と別れて、その後で新しい恋人を探し始めるのが、誠実なやり方かもしれませんが。

しかし、そんなキレイ事ばかり言ってられないのが世の中です。

事実、

「他に好きな人が出来たから別れましょう」

みたいに言われて振られる人も、多いですからね。

僕も、そんな感じで彼女に振られたことがありますw

結局みんな、自分が幸せになることに貪欲なんですよね。

自分が幸せにならなきゃ、意味ないですもんね(^_^;)

彼女の作り方8ステップ

僕が使っているマッチングサイト おすすめランキング

1位:pairs(ペアーズ)

pc_search_grid_view

最近は、pairsを利用している人がすごく多いですし、女性の利用者も多いので、彼女を作るのなら、ぜひ利用して欲しいサービスです。

会員数450万人(2016年9月時点)、マッチング数2700万(2016年9月時点)という、とんでもない数字で、恋活サイトの中では利用者トップです。

女性比率は約40%だそうなので、少し男性の比率の方が多いのですが、マッチングサイトの中では、女性の割合はかなり多い方です。
pairsは、Facebookを使ったマッチングサイトですが、Facebook内の友達にはバレないように設計されています。





2位:タップル誕生



タップル誕生は、恋活サイトの中ではペアーズの次に会員数が多い!
「今まで、Facebookアカウントを作るのが面倒でペアーズは利用してなかった」という方に特におすすめです。
写真などをしっかり載せて真剣に恋人を探している女性が多いので、遊び目的の人にはおすすめしません。真剣に彼女が欲しい方におすすめです。

「タップル誕生」の詳細を見てみる



3位:ラブサーチ


ラブサーチは、サクラがおらず、真面目に恋人を探している人もたくさんいます。
ただ、既婚者でも登録OKのため、恋人探し以外の目的で利用している女性も多いのが残念な感じです。
年上の女性から連額がくることが多いので、若い女の子の割合が少ない印象です(笑)
ラブサーチの詳細を見てみる



というわけで、おすすめマッチングサイトは、pairs(ペアーズ)です。

ペアーズの詳細解説を見てみる

ペアーズの公式サイトを見てみる
サブコンテンツ

このページの先頭へ

<--! ▼アナリティクスのクリック計測のためのコード--> <--! ▲アナリティクスのクリック計測のためのコード-->