アレを隠さず話して女性に親近感を沸かせる方法。アレとは?

yowami_miseru

女の子との距離を縮めるには、

・親近感を持ってもらう

ということが有効ですよね。

デートの時の会話で、相手に親近感を持ってもらえれば、次のデートにもつながりやすくなります。

「じゃあ、女の子に親近感を持たせるには、どうすればいいのよ?」

というと、変に隠さずに、あなた自身の弱みを出してしまえばいいのです(・ω・)b

人って、自分の弱みは、親しい人に話すことが多いんです。

弱みを話してくれるということは、「あなたのことを信用しています」というサインになるんです。

だからまず、女の子に弱みを話せば、親近感を持ってもらいやすくなります。

また、自分が先に弱みを話せば、女の子の方も、自分の弱みとか、悩んでいることを話しやすくなります。

ここでちょっと、想像してみてください。

女の子の方が、

「わたし、実は男の人とあまり付き合ったことがなくて、自信がないの」

みたいに、弱みを打ち明けてきてくれたら?

親近感アーーーップだと思いませんか?(^ω^)

ただ、弱みを話すといっても、注意事項もありまぁ~す!

自分の弱みを話すことの注意事項

自分の弱みを女の子に話す際には、注意事項もあります。

弱みは、無理に話す必要はない

まず、「弱みを話す」と言っても、別に無理に話す必要はありません。

自分の弱い部分・ダメな部分があったらなら、隠そうとせずに、素直に話してしまえばいいということです。
 

強がったり隠そうとすると、逆になんかバレちゃいやすいですしね。

「ナンカこの人、強がって顔がこわばっちゃってるよ・・・」

みたいに(・∀・;)

自分の弱みを話つつも、それを笑い飛ばす姿勢でいく

弱い部分があるなら、サラッと認めちゃっていいのですが、

女性は、弱みをグジグジ気にしている男の人を魅力的だとは感じません。

ですので、弱みを見せつつも、

「オレ、こんなダメな部分もあるんだよね。テヘッ(・ω≦)」

くらいな感じがいいですね。

弱みを見せつつも、余裕を感じさせるわけです。

男から見てても頼もしい男の人って、そういうところがあるなって感じませんか?

自分のダメな部分を話しつつも、「フフッ」と笑顔で吹き飛ばす。

失敗談を話つつも、笑い話に変えてしまう。

弱みを見せつつも、そういう余裕を感じさせる男性は、逆に頼もしい気すらしてきますよね。

頼もしさを感じる男性には、当然女の子も魅力を感じてくれるわけです!

弱みを話すことを戦略的に使っていきましょう!(`・ω・´)ゞビシッ

彼女の作り方8ステップ

僕が使っているマッチングサイト おすすめランキング

1位:pairs(ペアーズ)

pc_search_grid_view

最近は、pairsを利用している人がすごく多いですし、女性の利用者も多いので、彼女を作るのなら、ぜひ利用して欲しいサービスです。

会員数450万人(2016年9月時点)、マッチング数2700万(2016年9月時点)という、とんでもない数字で、恋活サイトの中では利用者トップです。

女性比率は約40%だそうなので、少し男性の比率の方が多いのですが、マッチングサイトの中では、女性の割合はかなり多い方です。
pairsは、Facebookを使ったマッチングサイトですが、Facebook内の友達にはバレないように設計されています。
有料会員になった方が女性とマッチングはしやすいですが、無料登録できますので、まずは無料で試してみてください。





2位:タップル誕生【18禁】



タップル誕生は、恋活サイトの中では若い女性の会員数が多い!
Facebookアカウントは不要ですので、すぐに利用できます。「今まで、Facebookアカウントを作るのが面倒でペアーズは利用してなかった」という方に特におすすめです。
写真などをしっかり載せて真剣に恋人を探している女性が多いです。20代の若い女性が多いので、若い女性と出会いたい方には非常におすすめ♪

「タップル誕生」の詳細を見てみる【18禁】



3位:ラブサーチ


ラブサーチは、サクラがおらず、真面目に恋人を探している人もたくさんいます。
ただ、既婚者でも登録OKのため、恋人探し以外の目的で利用している女性も多いのが残念な感じです。
年上の女性から連額がくることが多いので、若い女の子の割合が少ない印象です(笑)
ラブサーチの詳細を見てみる



というわけで、おすすめマッチングサイトは、pairs(ペアーズ)です。

ペアーズの詳細解説を見てみる

ペアーズの公式サイトを見てみる
サブコンテンツ

このページの先頭へ

<--! ▼アナリティクスのクリック計測のためのコード--> <--! ▲アナリティクスのクリック計測のためのコード-->