女性の聞き役に回ってモテるために、コレ!だけは押さえておきたいポイント

tonikaku_kikiyaku

女性は、話をしないとストレスが溜まるのだそうです。

だからなのか、おしゃべりを始めると止まらない女性もいますよね。

正直なところ「いつまで、その話引っ張るんだよw」と思ってしまうような女性もいますよねw

話をしないとストレスが溜まるので、とにかく自分のことを話したくてしょうがないのが女性。

だ・か・ら・こ・そ

女性との信頼関係を深めるためには、聞き上手になることが、やはり重要になってきます。

まあ、よく言われることですね(^^ゞ

忍耐強く聞き役に徹すると効果的なタイミング

しかし、相手の話を聞くこと自体、億劫になる方もいると思います。

場合によっては、つい割り込んで口を挟んでしまうこともあるでしょう(^_^;)

でも、女性との関係を深めたいのであれば、時にはじっくり辛抱した方がいい場合もあります。

  • 女の子が嬉しそうに話している時
  • 女の子がグチっている時

特にこういう時は、変に口を挟んで話をさえぎらない方がいいですね。

女の子が嬉しそうに話している時やグチっている時は、

「うん」

「なるほど」

「マジで?」

「そりゃすごいね」

「それは大変だったね」

など、上手に相づちなどをうってあげて、うまい聞き役になってあげてみてください。

すると、女の子は、嬉しい話をしている時は、あなたと話しているのが楽しいと感じてくれますし、

グチっている時は、あなたと話していると、気持ちが楽になる、ということになるので・・・

もっとあなたと話したい
 ↓
あなたのことが好き

という展開にしやすくなりますよ(*´∀`)

男性だって、聞いてばかりではストレスが溜まる。では、どうすればいいのか?

「女性は、話をしないとストレスが溜まる」

といっても、男性だって聞き役になってばかりではストレスが溜まりますよね。

男性だって、自分のことを話したいものですし。

聞き上手になるには、忍耐力が必要みたいに言われることがありますが、

毎回毎回話を聞くたびに、忍耐力で乗り切っていたのでは、そのうち耐え切れなくなってしまいます。

なので基本的には、女の子との会話では、会話のキャッチボールで大丈夫です。

ただ、女の子が嬉しそうに話している時や、グチっている時は、聞き役に回ってあげるのといいです。

ちなみに、聞き役になりつつも、ストレスがたまらないようにするには

  • いかに上手にツッコミを入れられるか
  • いかに相手が気持ちよくなるような相づちをうてるか

というところに意識を持っていくと、聞き役になりならがらも、結構楽しめますよ。

僕は、以前は女の子と話していても、よく口を挟みたくなっていたのですが、このあたりを意識してから、だいぶ聞き役に回れわれるようになりました(^^ゞ

ぜひ試してみてくださいぃ。

彼女の作り方8ステップ

僕が使っているマッチングサイト おすすめランキング

1位:pairs(ペアーズ)

pc_search_grid_view

最近は、pairsを利用している人がすごく多いですし、女性の利用者も多いので、彼女を作るのなら、ぜひ利用して欲しいサービスです。

会員数450万人(2016年9月時点)、マッチング数2700万(2016年9月時点)という、とんでもない数字で、恋活サイトの中では利用者トップです。

女性比率は約40%だそうなので、少し男性の比率の方が多いのですが、マッチングサイトの中では、女性の割合はかなり多い方です。
pairsは、Facebookを使ったマッチングサイトですが、Facebook内の友達にはバレないように設計されています。





2位:タップル誕生



タップル誕生は、恋活サイトの中ではペアーズの次に会員数が多い!
「今まで、Facebookアカウントを作るのが面倒でペアーズは利用してなかった」という方に特におすすめです。
写真などをしっかり載せて真剣に恋人を探している女性が多いので、遊び目的の人にはおすすめしません。真剣に彼女が欲しい方におすすめです。

「タップル誕生」の詳細を見てみる



3位:ラブサーチ


ラブサーチは、サクラがおらず、真面目に恋人を探している人もたくさんいます。
ただ、既婚者でも登録OKのため、恋人探し以外の目的で利用している女性も多いのが残念な感じです。
年上の女性から連額がくることが多いので、若い女の子の割合が少ない印象です(笑)
ラブサーチの詳細を見てみる



というわけで、おすすめマッチングサイトは、pairs(ペアーズ)です。

ペアーズの詳細解説を見てみる

ペアーズの公式サイトを見てみる
サブコンテンツ

このページの先頭へ

<--! ▼アナリティクスのクリック計測のためのコード--> <--! ▲アナリティクスのクリック計測のためのコード-->